本文へスキップ
HOME 相互ネットとは
私の名前は、高橋昌史です。

私は、2011年11月6日付の北海道新聞で、「ひきこもり支援相談士」という資格について初めて知りましたが、その当時携わっていた仕事が忙しく、記事だけをしばらく保存していました。

後日、時間の余裕ができたころ、その新聞記事を再び読み返し、「ひきこもり支援相談士」の養成講座を開いている『一般社団法人 ひきこもり支援相談士認定協議会』(本部:千歳市)に問い合わせ、講座を受講しました。「ひきこもり支援相談士」の学びを終えた後、やはり同協議会が開講している「不登校訪問専門員」の養成講座を引き続き受講しました。

悩みを抱えている実数や理論なども当然学びましたが、このような事例の方にはどう対処するかという具体的な対応策や具体的な心のケアの指針を尋ねられる、とても実践的な学びをさせていただきました。

『一般社団法人 ひきこもり支援相談士認定協議会』より両講座を修了したことを認められ、現在、「ひきこもり支援相談士」および「不登校訪問専門員」として働いています。






私が大切にしていることは、「個人を尊重する」ということです。ひきこもりという状態の中にある本人にも、個性があり、考えがあり、嗜好があり、いきさつがあります。それを支える両親にも、父として、母として、同様の物があります。不登校という状態の中にある本人には、そこに至るいろいろな葛藤、悩み、苦しみ、言えないことなどがあります。その一人一人のことを誠意をもって受け入れ、真実に尊重し、いっしょに悩みながら次に向かってどうすればよいかを考えていきたいと願っています。


まずは、お電話を!
本人だけで悩まないでください。家族だけで悩まないでください。
まずは、会話をして、問題を整理してみましょう。
お電話ください。
011-577-6226